×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

郡山駅前&ビックアイからの風景
画像の撮影日:2005年8月1日

福島市へ行くため、新幹線に乗ろうと思いきや、30分も時間があるので、駅の外で風に当たることにしました。(私が磐越西線に乗っていて、クーラーで気持ち悪くなったため)

郡山駅です。最近改装され、利用しやすくなり、在来線の自動改札も導入されました。

ここの駅ビルもエスパルですが、元々は「サンシティ」という名前で、KFBの「あいうえお天気目玉焼き」などでCMを放送し、KFBでは「だいすきサンシティ」というお買い得情報などを流すミニ番組をやっていましたが、福島駅の「ルミネ」と同様、仙台駅ビルに合併し、エスパルになりました。サンシティ時代と少し雰囲気が変わりました。
駅前広場です。以前はバス乗り場などがあった場所ですが、再開発で整備され、こんな広場になりました。

道路の向こう側には「郡山シティホテル」やアーケード商店街があります。前、アーケード商店街入り口となりに「黄桜」など多くの広告塔をのせたビルがありましたが、建て替えているようです。
再開発では、駅前広場のほかに、この再開発ビルビックアイも建設されました。

商業施設「モルティ」や高校、郡山市ふれあい科学館「スペースパーク」(キャラクターを松本零士氏がデザイン)があります。ビル上層部の球体は、スペースパークのプラネタリウムで、世界一高い位置にあるということでギネスブックに登録されています。

しかし、このビックアイの運営会社は債務超過に陥っています。モルティも店舗が一部で撤退したものもあり、いろいろ問題が生まれています。
駅前には、東北に唯一、丸井があります。丸井の外壁は、以前は黒い窓でしたが、白く塗装されたようです。
アティ郡山です。ここは、昔は郡山西武でしたが、閉店し、ザ・モール郡山に集約されました。その後、アティ郡山として、ファッションビルにリニューアルしました。開店当初は、地下には西友食品館がありましたが、リニューアルされ、本当にファッションショップが増えました。

外壁には「民報ビジョン」があり、ニュースや宣伝を流しています。
中央口の辺りです。FCTのゴジてれシャトルで、この辺で中継をしていました。今もやっています。

この先には、JR東日本グループの食品店ピボットやヨドバシカメラ郡山駅前店があります。「駅前店」をつけなくても郡山にはここしかないのに、なぜ?
福島から帰ってきて、磐越西線が出る時間まで、ビックアイからの風景を・・・、あれ?なんか雰囲気が違う・・。(何をわざとらしく…)

これは、ビックアイの22階展望フロアにある郡山の鉄道模型です。他に明治・昭和初期のもあります。
これが本当のビックアイからの風景。遠くまで建物が密集しています。直下には、色とりどりのタクシーが見ることが出来ます。
郡山の北側。マンションが建っていますが、こちら側はほとんどビルはなく、住宅が広がっています。こちらがわは、きれいに晴れると、磐梯山や安達太良山(あだたらやま)まで見渡せるそうです。
おまけ。郡山から福島へ行くのに乗った新幹線。郡山駅でも殆ど新幹線は止まります。新白河駅はあまり止まらないみたいですが。

暑さのせいでかなり簡略化しています。すみません。