×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会津坂下駅周辺画像の撮影日:2006年11月9日

会津坂下の駅前をご紹介します。

会津坂下町の駅前。右側のフェンスの敷地は、町立坂下小学校です。
駅前の道路は近年道路拡張工事を行ったため、車道も歩道も広く感じられました。店もそれなりにあるので、塩川や喜多方の駅前とは大違い…。
拡張工事前の駅前の写真を掲載しているサイトがありましたが、拡張前は、何処にでもあるようなゴチャゴチャした駅前という感じでした。
駅舎が近づくにつれ、店も増えてきました。人通りはそれほどないようですが、近くに高校などがあり、周辺には新しく開発された住宅街もあるので、商売もやっていけるんでしょう。
夕日に照らされる町。そして、ちょうど下校時間なので、ワイワイと歩いていく小学生や、コンビニの前に座り込んでいる高校生の姿も。

だんだん駅舎が見えてきました。
JR只見線・会津坂下駅です。奥会津の只見・金山などからディーゼル車(只見線は電化されていません)で通学してくる高校生などで乗降客は多いようです。また、只見線では唯一の「みどりの窓口」の設置駅です。

のどかな田舎の駅って感じがします。しかも夕日に照らされて。何となくいい画。
駅舎の東側から見た駅前。駅前広場には、会津坂下町出身の歌手・春日八郎のブロンズ像が置かれています。

このブロンズ像と駅舎は、高校生によって落書きされたことがあり、全国ニュースでも取り上げられるほどの騒ぎになりました。まったく、何を考えているのやら…。
駅の東側。こちら側は田舎の駅前の風景という感じで、「まちの日通」なんて看板があります。

その隣には、たこ焼き屋さん?があり、店内は高校生でいっぱいでした。
さっきから何度も話に出てきている高校とは、線路の向こう側のこの校舎、「会津農林高校」です。農林関係や食品加工の学科があり、いろいろな場所から生徒が通学しています。このときはちょうど、創立100周年だったようで、屋上の柵に看板が付いていました。

農林高校の南のほうには、「坂下高校」もあります。この坂下高校は、松本人志さんをはじめファンが多い不良漫画「クローズ」の作者・高橋ヒロシさんの出身校で、「クローズ」に出てくる鈴蘭男子高校の校舎は坂下高校をモデルにしているそうです。

会津坂下駅の周辺をごらんいただきました。夕日に照らされる町、逆に見難かったらすみません。